ご使用について(全般)

ご使用前に必ず洗ってからお使いください。
当ストアの製品は磁器製のため、煮沸の必要がありません。
本来の目的以外にはご使用にならないでください。
直接火にかけてのご使用は絶対にできません。割れや破裂の原因になります。
陶磁器は衝撃で割れたり欠けたりすることがあります。ヒビ、ワレ、カケ、が入ってしまった製品はご使用にならないでください。本来の強度を失っているため大変危険です。
割れた箇所や破片は、大変危険ですので、取り扱いには充分ご注意ください。
テーブル・床の間・お盆の上などキズがつきやすいものの上で引きずらないようにしてください。

お手入れについて

ご使用後の汚れは早めに落とし、台所用中性洗剤で洗ったあと、よくすすぎ、よく乾燥させてから収納してください。
洗う際はやわらかいスポンジに洗剤をつけて洗ってください。クレンザーや金属タワシのご使用は製品の表面を傷つける場合があるためお控えください。
茶渋などの頑固な汚れには、台所用漂白剤を定められた条件にてご使用ください。

空気穴について

マグ、カップ、ポットや急須などの取手(ハンドル)には製法上、空気穴をあけているものがあります。
食器洗浄機のご使用や、浸けおき洗いにより、この空気穴から取手の内部に水が入ることがあります。
取手の内部に水が入った状態でご使用になると、空気穴から水が出てくることがあります。
また取手の内部に水が入ったまま電子レンジで温めると、本体と取手が予想以上に熱くなりますので、取り扱いには充分ご注意ください。
(空気穴がある製品/カップ類・急須・ポット類の取手、ふたのつまみ等)

メタルマーク(金属痕)について

特にマット釉(艶のない釉薬)の製品や、無釉の製品は上品な風合いが特徴ですが、スプーンやフォーク、カゴなどの金属製品との摩擦により鉛筆で書いたような黒っぽい汚れ(メタルマーク)が付着することがあります。
艶のある釉薬でも強い摩擦や、長期間のご使用により付着することがあり、中性洗剤ではとれません。
(付着したメタルマークは、クレンザーをやわらかいスポンジにつけ、手洗いしてください。ただし頑固なメタルマークはとれません。)

キズがつきやすい釉薬について

「天目釉」「つや紺釉」といった色が濃い釉薬は釉薬の特性上、キズがつきやすく目立ちますのでお取り扱いにはお気をつけください。

薄手の磁器製品について

磁器は熱が伝わりやすいため、薄いつくりのコップは熱い飲みものには適しておりません。電子レンジでのご使用や、熱い飲みものを入れる際は気をつけてお持ちください。

異素材の部品や付属品について(*)

木台のお手入れは、固く絞った布巾などで拭いてください。浸けおき洗い、食器洗浄機、食器乾燥機のご使用はできません。
原料事情により、色や木目などが異なりますので、あらかじめご了承ください。
木、ステンレス、樹脂など異素材の部品を使用している製品(土瓶のつる、アイスペールのハンドルなど)は、オーブン、電子レンジ、食器洗浄機、食器乾燥機のご使用や、浸けおき洗いはお控えください。

電子レンジ・オーブンでのご使用上の注意

耐熱陶器ではありません。陶磁器は急激な温度変化で割れることがあります。調理器具ではありませんので温め程度にご使用ください。
機器の注意表示を充分お読みのうえ、定められた方法でご使用ください。
器の形状、温める食品の種類や量によって、思いがけず容器が高温になることがあります。
異素材の部品(*)を使用している製品は使用しないでください。
急加熱や急冷は割れる原因になります。特に加熱後は冷たい天板や濡れた布巾などに置かず、木台や乾いた布の上などに置いてください。

食器洗浄機でのご使用上の注意

機器の注意表示を充分お読みのうえ、定められた方法でご使用ください。
異素材の部品(*)を使用している製品は使用しないでください。
機器の構造やご使用状況により表面にキズが入ったり、破損したりする場合があります。繊細なつくりのものは手洗いをおすすめします。
中性洗剤が適しています。「アルカリ性」の洗剤は器の表面の釉薬を浸食し、ご使用回数が多くなると艶を失ったり色落ちの原因になることがあります。

上絵付の製品について

電子レンジ・オーブンでのご使用はお控えください。
温度差でガラス質の上絵付部分の表面に小さなヒビが入る場合があります。
食器洗浄機のご使用は回数が多くなると艶を失ったり色落ちの原因となりますので、手洗いをおすすめします。

釉薬がかかってない装飾部分について

手彫り模様の部分に釉薬をかけていないシリーズは、凹凸感を活かしたデザインのため、表面がざらざらしています。
艶のある部分に比べると油汚れなどがつきやすくなっております。

壁掛けの花器について

壁面に吊り下げるタイプの製品は丈夫なフックなどを用い、外れにくい処置をした上でご使用ください。
万一、落下した場合破損やケガの原因になる恐れがあります。
ウォールベースは、耐荷重500g以上のフックを用い壁に掛けてお使いください。

置き型の花瓶・スタンドについて

高所や不安定な台など、倒れやすい場所には置かないでください。
万一落下や転倒した場合、破損やケガの原因になる恐れがあります。