「BLOOM」手仕事の連続でできあがる瑠璃色の環

植物の最盛期を意味する『BLOOM』。
白磁に映える生命力を感じさせる深い瑠璃色の絵柄は、「筆を使った手描きの柄」「食卓から暮らしを元気に」との思いから2009年にデビューしました。

中国大陸から日本に伝わった様々な製陶技術のなかでも、白磁に描かれる青い模様は、東洋陶磁器の伝統と愛着を感じさせる色あい。東洋人の記憶の片隅にいつもある配色は、私たちの食生活の中になじみ寄り添ってきました。

大胆に簡略化された手描きの絵柄は、肥前地区(有田・波佐見)の古陶磁に多く見られる加飾の方法。どの窯元にもある材料と道具、手段でつくり「白山陶器らしさ」と「技術継承」をテーマに開発された『ブルーム』シリーズ。
みなさまの食卓に「元気」をお届けできるよう、今日も職人の手から手へ巡ります。

『ブルーム』はこちら